未分類

情報商材の販売をするときに、顔出しは必要?

更新日:

「情報商材を販売したいけれど、顔出しは出来ればしたくない」という方もいると思います。
情報商材では、顔出しは必要なのでしょうか?
今回は、顔出しの必要性について解説していきます。

まず、結論から言うと、出来ればしたほうが良いですが、しなくてもよいです。

顔出しの必要性が出るのは、一つは集客方法です。
Twitterやブログを通じて集客する場合はともかく、YouTubeを使う場合は顔出しの必要性が高まってきます。

では、そもそも根本的に、どうして顔出しをする必要があるのかを考えてみましょう。
皆さんは、「顔出しをしている発信者」と「顔出しをしていない発信者」ではどちらが信頼出来るでしょうか?
おそらく、「顔出しをしている発信者」ですよね。

どうして「信頼」というのが大切になるのかというと、情報商材は高額ですよね。一つ何十万もします。
そんな商材を買うときに、「信頼」がなければ、買ってもらう事は出来ません。
相当なお金持ちならともかく、1ヶ月の給料分くらいするようなものを買うのですから。

顔も知らない人よりも、顔を知っている人の方が書いやすいのは当然です。

ですが、本質的なところを理解すると、必ずしも顔出しの必要性がないことは分かると思います。
なぜなら、あくまでも「信頼してもらえれば良いから」です。

文章だけだったり、声だけであったとしても、その中身によっては、信頼してもらう事は可能です。

皆さんも、情報商材の販売をしているという事は、誰かしらで「情報発信」をしている人を知っていると思います。
皆さんが信頼を寄せるような人です。

おそらく複数人いると思いますが、その人は「顔出し」をしているでしょうか?
全員顔出しをしているという人もいれば、顔出しをしていない人を浮かべる人もいると思います。

実際問題、情報商材の販売で大成功をしている人でも、顔出しをしていない人は何人もいます。
そんな人の話を聞いてみれば分かりますが、やはり話が「深い」です。

顔出しをしなくても、話や文章だけで人を信頼させるような力と深みがあります。

そのため、「顔出しは嫌だから情報商材の販売はしない」となるのはおすすめしません。
顔出しが出来ない分、お客様により信頼して頂けるような、「中身の伴った情報」を発信していれば、信頼されていくと思います。

今回は、情報商材の販売では顔出しが必要なのかどうかについて解説しました。
大切なのは「信頼」です。皆さんも、ぜひ顔出ししていようと、していなかろうと、信頼獲得に重きをおいてみてください。

-未分類

Copyright© 詐欺・悪評、口コミまとめ|稼げる副業口コミレビュー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.